猫が救った夫婦の危機!?

cat_Interview01

Q 愛猫が夫婦の危機を救ったと聞きましたが、そのお話の前に、1 0年間を振り返って結婚生活はどうでしたか?

にぎやかでしたよ!きっと一人だったら寂しかったと思うけど、ふたりで喧嘩しながら笑いながら楽しかった10年間でした。

Q 10年前、猫を彫刻した結婚指輪をご注文頂きましたが、ご結婚当時から猫を飼っていましたか?

いえ、結婚前はまだ飼っていなかったんですが猫が大好きだったので指輪に彫ってもらいました。
結婚後、指輪に彫刻された猫を見て「やっぱり飼いたい!」という気持ちが強くなってきて、約半年後に里親として猫を飼いはじめました。

cat_Interview02

10年間で大きな夫婦喧嘩はされましたか?

しましたよ!10年間で3~4回かな。一度大喧嘩をして妻が家を出て行ってしまったことがあって。今から考えると原因は些細なすれちがいや誤解だったんですが、当時は修復不可能にも思える史上最大の大喧嘩でした。

 

その時、どうやって仲直りしたんですか?

妻が出て行ってしまった時、愛猫が玄関まで行ってドアと僕の顔を交互に何度も見てニャ~ニャ~って泣くんです。何度も何度も。そう、それは意地を張っていた僕に対して「早く追いかけてよ!」と愛猫が促してくれていたんだと思います。
愛猫に背中を押されるように翌日僕は妻を迎えに行きました。僕も妻も少し冷静になって、互いの思いを少しづつ話し合っていくうちに誤解やわだかまりも解けて無事仲直りできました。

cat_Interview03a

お二人にとって猫はどういう存在ですか?

子供がいない僕たちにとって、我が子のような存在です。前夜に喧嘩をしたまま僕が出勤した日には、一日中妻のそばに寄り添ってくれていたみたいですし。

 

現在ご結婚10周年を迎えられましたが、これから将来に向けてどのようにお過ごしになりたいですか?

これからは大きな喧嘩はしたくないですね(笑)些細な喧嘩ならいいですが。一緒に笑って、互いに何でも話して、愛猫と一緒に楽しく暮らしたいです。だからね、ぼくは妻に2本目の猫の指輪を贈るんです。

cat_Interview04

2本目の猫の指輪!?それに込めたメッセージは何ですか?

「ん~、10年間ありがとう。これからの人生もずっと一緒に笑ってすごそうね。」です(照れながら話してくださいました)

 

 


K様へ

もし愛猫の『ちょぼくん』がいなかったら… そして奥様を追いかけていなかったら…今のおふたりの関係が変わっていたかもしれませんね!おふたりと『ちょぼくん』にはそれぞれの役割があって家族なんですね。素敵なストーリーを聞かせて頂き本当にありがとうございました。
当工房とおふたりとのご縁は10年前に制作させて頂いた猫の結婚指輪が始まりです。それから10年経った今、お幸せなおふたりに再会でき、記念のオーダーリングをまた制作させて頂くことが出来きまして本当に光栄です。どうか末永くお幸せに。
byフォルムポッシュ

Scroll Up